去年よりすっかり体調を崩し、一時はどうなることかと思いましたが、なんとか元気にすごしてい
ます。
日記の頁を調整中のため、こちらでご報告させていただきます。
「羊毛のしごと」の出版から早くも約10年。
私はというと、相変わらず、羊毛の手仕事に触れる毎日ですが、この秋、
羊毛のお店を含め、少しだけ情報を新しく改訂版「羊毛のしごと+」を出版することとなりました。
これから羊毛の手仕事をはじめる人にとって、ためになる一冊になれば嬉しいです。
そして、改訂版の後には、ニードルパンチを使った動物作りの本も出版予定です。
「羊毛のしごと」では、紡ぎや染織、そしてフェルトを幅広く紹介してきましたが、今回の本は、
長年「もみじ市」でたくさんの方々と作り続けてきた絶滅危惧種たちが主役の本です。
是非、手にとっていただけると幸いです。
                             2015.09.22

「羊毛のしごと」(2006年9月、主婦の友社より発売。)は、
私にとってとても大切な本になりました。

これまで、生活の一部として、ごくごく普通に作ってきた羊毛の物あれこれが、
いろんな方々の協力のもと、一番いい形で、一冊の本にまとまったように思います。

ゆっくりと四季を追い、春の公園で、秋の山梨で、
そしてニュージーランドへの牧場ロケも含め、
一年半という長い時間をかけることができたので、
その時々の匂いのようなものも、漂ってくるようです。

そんなわけなので、どの頁にも、いろいろな思い出がぎっしり詰まってます。

編集さん、カメラマンさん、そして、デザイナーさんにはすごくお世話になりました。
そして、もちろん家族の協力なしではできなかったことです。

特にうちの旦那さんには、忙しい仕事のスケジュールを無理矢理調整してもらって、
どうしてもの時には、家事・育児を手伝ってもらいました。
(、、、文句も言われましたけど。)



いつも手伝ってくれていた娘は、撮影中に少し大きくなり、なんとなくお姉さんぽくなりました。
ちょうど春休み、ニュージーランドロケにつきあってくれたお兄ちゃんもめきめき背が伸びました。
子供達にとっての一年半は、とても長く、変化もいろいろでした。


羊毛の魅力が、正直にまっすぐたくさんの人に伝わりますように。
そして、本を手に取ってくれた人が、気楽に愉しんでくれればいいな。


出版後から一年たった今、そんな思いとともに、HPを作ることにしました。
本に載せられなかったことも含め、羊毛のしごとや、
その他の気になることもちょっとずつですが、出来る範囲でアップしていきます。
どうぞ、宜しくお願いします。